• ウィスラーはスノースポーツ・パラダイス
  • 北米最大級アルペンリゾートで遊び尽くす!
ウィスラーでウィンターアクティビティを楽しむ人々ウィスラーでウィンターアクティビティを楽しむ人々

バンクーバーから車で北へわずか2時間ほどで行ける山岳リゾート、ウィスラー。様々なアクティビティが楽しめ、言うなれば、”アウトドアアクティビティのワンダーランド”。あれもこれも欲張って、大満足のバケーションを。

  • 2016.10.29
  • 自然にふれる

北米のトップ山岳リゾート

 

冬のウィスラーはまさにスノースポーツのパラダイス!世界各国のスキー誌に幾度となく取り上げられ、人気投票でも数多くNo.1に輝いている人気のスポット。2010年冬季オリンピックを機にさらにパワーアップし、世界中のスキーヤーからさらなる憧れの的に。スノーアクティビティ三昧を楽しみたい人にもってこいのリゾートです。

 

家族でウィンターアクティビティ三昧
家族でウィンターアクティビティ三昧 ©Tourism Whistler/Mike Crane

 

その規模は桁違いの大きさ!日本の一般的なスキー場がだいたい5本~30本のコース数のところを、ウィスラーはなんと2つの山にスキーコースの数が200本以上。さらに、最長滑走距離は1万1000mの長さ、標高差はウィスラー山で1530m、ブラッコム山で1609mなんだそう。まさに日本では体験できない超広大スケール!

 

ウィスラーの広大なスキー場
ウィスラーの広大なスキー場 ©Tourism Whistler/Mike Crane

 
 

ウィスラーへの行き方

 

ウィスラーへはバンクーバーから車で行くのがおすすめ!バンクーバーとウィスラーの2都市を結ぶ「シー・トゥ・スカイ・ハイウェイ」は、その名のとおり海から空に続くようなシーニックルート。フィヨルドや氷河などの爽やかな景色を堪能することができます。目の前に広がる大自然を前に、道中から心躍るバケーションになること間違いなし。空港から直通バスでの移動も可能です。

 

シー・トゥ・スカイ・ハイウェイから望む素晴らしい眺め
シー・トゥ・スカイ・ハイウェイから望む素晴らしい眺め ©Tourism Whistler/Mike Crane

 
 

ウィスラー・ビレッジ

 

アクティビティの拠点であるウィスラー・ビレッジには、100軒以上のカフェやレストラン、200軒以上のショップが集まります。このビレッジは、計画的に開発されたバリアフリータウンになっているのに加え、車の進入も禁止。車椅子やベビーカーも安心で、ファミリー旅行でも快適に過ごせそう!もちろん、ビレッジ内のウィスラー山行きのゴンドラ乗り場やアッパー・ビレッジのリフト乗り場からスキー場へは簡単にアクセス可能♪

 

太陽に照らされた晴れた日のウィスラー・ビレッジ
太陽に照らされた晴れた日のウィスラー・ビレッジ ©Tourism Whistler/Robin O’Neill

 
 

~おすすめアクティビティ~

 

★スキー&スノーボード

 

北米最大級の規模を誇るウィスラーのスキー場は、世界中のスキーヤー達の憧れ。初心者から上級者まで楽しめるバラエティ豊かなコースが揃っています。ビレッジを挟んでそびえるウィスラー山とブラッコム山のふたつの山にあるスキーコースはなんと200以上。カナダ西部特有のパウダースノーも特徴的です。北米で最もスキーシーズンが長いことでも知られており、スキーでもスノーボードでも最高の滑りを体感できるはず!

 

美しい景色を眺めながらの滑りは最高!
美しい景色を眺めながらの滑りは最高! ©Steve-Rogers/Tourism-Whistler

 

激しい運動の後はスパでリラックス
激しい運動の後はスパでリラックス ©Scandinave Spa, Whistler

 

ウィスラー山とブラッコム山の間は、”Peak-2-Peak”ゴンドラが4.4kmの距離を11分で結んでいます。ゴンドラに乗れば、半日で両方の山のコースを楽しめちゃうかも。

 

Peak2Peakゴンドラ
Peak2Peakゴンドラ ©Mike Crane/Tourism Whistler

 

▲ウィスラー山スキー場▲
ウィスラー山には、ウィスラー・ビレッジのある北側斜面と、西側斜面のクリークサイドにふたつスキー場があります。100本以上あるスキーコースの中には、冬季オリンピックのアルペンスキー会場として使われたコースも。

 

アルパイン・ボウル(氷河が形成した椀状の地形)にも恵まれ、バラエティに富んだコースが揃う
ボウル(氷河が形成した椀状の地形)にも恵まれ、バラエティに富んだコースが揃う ©Tourism Whistler/Chad Chomlack

 

▲ブラッコム山スキー場▲
ピステの入った1枚バーンの急斜面コースが多く、ウィスラー山のスキー場と比べると少し上級者向け。

 

森のなかで滑りを楽しむスノーボーダー
森のなかで滑りを楽しむスノーボーダー ©Tourism Whistler/Mike Crane

 

★ヘリスキー
ヘリコプターで標高2,400~3,000m付近の斜面へ上がり、とびっきりのパウダースノーを楽しめるのがヘリスキー。ダイナミックでスリル満点の滑り心地はゲレンデとはまた違った感覚を味わえます。技術面・体力面において中級以上のレベルが望まれます。

 

いつもとは違う滑りを味わえるヘリスキー
いつもとは違う滑りを味わえるヘリスキー ©Whistler Heli-Skiing/Neil Brown

 

★スノーシュー
誰でも簡単に試せる自然派アクティビティといえば、スノーシュー。日本のカンジキに似たスノーシューを靴の下にくくりつけ森の中を歩きます♪自然の息吹を全身で感じることができ、その美しさに改めて心を奪われてしまいます。

 

スノーシューで全身で森の息吹を感じる
全身で森の息吹を感じられるスノーシュー ©Tourism Whistler/Mike Crane

 
 

~おすすめグルメ~

 

★ガリバルディ・リフト・カンパニーバー&グリル Garibaldi Lift Co. Bar & Grill (GLC)
スキー後のリラックスタイムにぴったり!ウィスラー山行きゴンドラ乗り場すぐそばにあるカジュアルな雰囲気のレストラン。名物「GLCナチョス」をつまみながら仲間とワイワイ楽しんで。

 

スキーヤー達で賑わうGLC
スキーヤー達で賑わうGLC ©Tourism Whistler/Chad Chomlack

おすすめ旅プラン

関連する記事

  • 2019.08.05
  • 自然にふれる

オタワ徒歩観光

  • 2019.07.19
  • 自然にふれる

野生動物観察とタキーニ温泉

  • 2019.03.04
  • 自然にふれる

カナダの“白い”野生動物たち

  • 2019.02.19
  • 自然にふれる

花の都ビクトリア&バンクーバーの春

ご予約・お問い合わせ

  • お電話でのご予約をお考えの方は・・・

    関西予約センターアメリカ専門ダイヤル

    0570-05-4192
    IP電話等からは06-6133-1166

    【営業時間】11:00~18:30

  • ご来店をお考えの方は・・・

    梅田本店 アメリカ専門店

    06-6347-4504

    【営業時間】11:00~18:30

    〒530-0012 大阪市北区梅田1-8-17 大阪第一生命ビル12F

    カナダ旅行のことなら、全スタッフが、カナダ観光局運営「カナダスペシャリスト」に認定されたH.I.S.アメリカ・カナダ専門店にお任せください。詳細はこちら。

    カナダ旅行のことなら、全スタッフが、カナダ観光局運営「カナダスペシャリスト」に認定されたH.I.S.アメリカ・カナダ専門店にお任せください。詳細はこちら。

[PR]
ナイアガラの滝

[PR]
ナイアガラの滝

[PR]
Canada's Downtown

[PR]
Canada's Downtown

[PR]
バンフレイクルイーズ

[PR]
バンフレイクルイーズ

[PR]
ナイアガラヘリコプター

[PR]
ナイアガラヘリコプター