• プリンスエドワード島
  • 世界中で愛される『赤毛のアン』の舞台
プリンスエドワード島 プリンスエドワード島

「赤毛のアン」の物語の舞台となったカナダ東部セントローレンス湾に浮かぶ小さな島。
草原の“緑”と、海と空の“青”、舗装されていない赤土の“赤”のコントラストが美しく、写真家達の憧れの地となっているほど。
どこを切り取っても絵葉書のような風景が広がり、まるで物語の中にいるよう。

プリンスエドワード島のみどころ

島のいろんなところにアンの足跡があるようで、訪れた人がまるで物語の中にいるかのように絵葉書のような風景が広がります。この島では漁業と農業の他、酪農もさかんで豊かな新鮮な食材にも恵まれている食の宝庫です。

グリーン・ゲイブルズ・ハウス

『赤毛のアン』のモデルとなった家で、作者モンゴメリがよく訪れたという親戚の家です。物語では案はこの家でいろいろな騒動を起こします。物語の時代そのままの姿が再現されており、様々な展示物があります。訪れた方にはグリーンゲイブルズ訪問証明書がもらえます。

赤毛のアンゆかりの地

恋人の小径、お化けの森など島のいたるところにアンの魅力と出会える場所があります。また、グリーンゲイブルズ郵便局では今も実際に郵便を出すことができるため、記念にポストカードなど送ってみては?

“Anne of Green Gables “(赤毛のアン)and other indicia of Anne are trademarks and Canadian official marks of the Anne of Green Gables Licensing Authority Inc. and are used under license.

プリンスエドワード島を遊びつくす!おすすめ体験

プリンスエドワード島 「赤毛のアン」の舞台へ

『赤毛のアン』の舞台へ

「プリンス・エドワード島は世界じゅうでいちばんきれいなところだって、いつも聞いてましたから」 (モンゴメリ著/村岡花子訳/新潮文庫刊『赤毛のアン』より)   島のいろんなところにアンの足跡があるみたい。訪れた人 […]

プリンスエドワード島の気候と服装

緯度が高く、冬は降雪量が多く観光施設やホテルがクローズとなるところも多い。雪解け後の5月~10月にかけてが観光のベストシーズン。特に6月~8月は日照時間が長く、気温も25℃近くまで上がるためビーチで泳ぐ人も多く、各種イベントもこの時期に集中しています。

プリンスエドワード島月別気温と降水量

プリンスエドワード島の降水量

降水量単位:(㎜) 気温単位:(℃)

服装

春(4月~5月)

5月頃まではセーターやフリース、ジャケットなど冬の装いで。

夏(6月~9月上旬)

日中は半袖でも十分ですが、天気が崩れた日や朝晩には羽織れるものが1枚あった方がいいでしょう。

秋(9月中旬~10月)

10月以降はセーターやフリースなど冬の格好が必要。

冬(11月~3月)

雪に覆われる季節で厚手のセーターやコート、帽子、マフラーなど防寒対策が必要。また、降雪も多く、靴はスノーブーツなどが安心です。

おすすめ旅プラン

ご予約・お問い合わせ

  • お電話でのご予約をお考えの方は・・・

    関西予約センターアメリカ専門ダイヤル

    0570-05-4192
    IP電話等からは06-6133-1166

    【営業時間】10:00~18:30

  • ご来店をお考えの方は・・・

    梅田本店 アメリカ専門店

    06-6347-4504

    【営業時間】11:00~18:30

    〒530-0012 大阪市北区梅田1-8-17 大阪第一生命ビル12F

[PR]
ナイアガラの滝

[PR]
ナイアガラの滝

[PR]
Canada's Downtown

[PR]
Canada's Downtown

[PR]
バンフレイクルイーズ

[PR]
バンフレイクルイーズ

[PR]
ナイアガラヘリコプター

[PR]
ナイアガラヘリコプター